出会い系サイト情報-出会える速報

出会い系サイトに関する、ニュース、事件、体験談などをまとめています。

    タグ:海外

    1: :2013/05/18(土) 13:09:06.81 ID:
    チェコ共和国の首都プラハでは、今年の年末から、地下鉄の車内で恋愛運を試せるように
    なりそうだ。運営会社ROPIDの広報担当者が17日、「出会い専用車両」の導入計画を
    明らかにした。人口約125万人のプラハには3路線の地下鉄があり、1日に延べ約150万人が
    利用している。

    「専用車両で出会い、お互いに気に入った人たちは付き合い始めることができます」
    と語るROPIDの広報担当者によると、この特別車両は地下鉄の利用促進を図る計画の一環。
    出会い車両での行為については厳格な規則を定めるのではなく、「自由放任主義」を採用する。
    5両編成の列車のうちどの車両を専用車両にするか、専用車両を設ける列車の本数、専用車の
    表示方法などは検討中だという。

    ROPIDは今後、出会い専用車両について利用者を対象にアンケートを実施するほか、
    プラットフォームと車内にチェコ語と外国語で関連情報を掲示する予定だ。

    利用者の間では心配する声も上がっている。ある地下鉄利用者は、「私がその車両に
    乗っているところを誰かが見て、その人が私のボーイフレンドに何か言ったらどうなる
    のかしら」と話した。

    http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2944703/10760851


    【【交通/サービス】地下鉄に「出会い専用車両」導入を検討--チェコ・プラハ [05/18]】の続きを読む

    世界で最も人口の多い国の10億人以上の住民は、それだけの人に囲まれているのだから人と出会うことにそれほど苦労しないだろうと思いがちだが、それはいささか還元的でもある。中国は、かつてないほどの数の住民が都市に移り住む激動の時代にあり、古くからのコミュニティ構築の方法は、高層ビルマンションや都市生活にはとても当てはまらない。

    様々な理由が混ざり合って、中国の独身者にユニークな状況を生み出したのだ。現在、デートをする人たちは、一人っ子政策と経済改革、一部の人に関しては新たに芽生えた繁栄に影響を受けた世代だ。それと同時に、都市への人口移動は、中国の巨大都市で何百万もの若い人々をよそよそしく扱ってきた。なおかつ、彼らは素早い技術発展の中に生きている。これらの人達は、インターネット、インスタントメッセージ、携帯電話の世代の子どもなのだ。

    最高のテクノロジーが問題を解決する。そして、たくさんの中国インターネット企業が、中国の男性と女性を結びつける手助けをするという高まる問題を解決することに着手し始めた。大家族全員が結婚の仲介に関与することが多いため、若い人達は伴侶を見つけるという大きなプレッシャーに直面する。リサーチャーのLeta Hong Fincherは、女性、特に20代半ばを過ぎた大学院の学位のある人が、それにまともに直面すると考えている。

    “私は個人的に、自分がインタビューした女性が生活のあらゆる領域から結婚に対する激しいプレッシャーを受けているのを目にする。男性にもプレッシャーは存在するが、男性には女性ほどのプレッシャーは見られない。”と、彼女は言った。

    実際に同じような動きが、政府の公式チャンネルからも生じている。最近Fincherは、ある年齢以上の独身女性を表す“売れ残りの女”(剩女, shengnu)というこの国の正式呼称に焦点を合わせて、The New York Timesの論説の中で言及した。政府の立場は、27歳だが、その他の意見は一般的に25歳から30歳に及ぶ。彼女の社説は、中国のPhoenix TVチャンネルで話のタネになったために、実際に中国で反響を呼んだ。

    Fincherによると、中国女性連盟は、“学歴が高く、ハイクオリティな女性”として分類されるいわゆる“売れ残りの女”のためのお見合いイベントを企画してきた。政府が学歴のある独身女性に圧力をかけているのは、家族をこの国の安定と等しいと見なすからだ、と彼女は推測する。

    “これは2007年から実際に政府が“shengnu”という言葉を押しつけてきた理由の1つであり、“協和的な社会”を宣伝する1つの手段である、というのが私の主張だ。中国では、あなたは何にもまして社会的に安定しなければならないし、協和的な社会の基本は協和的な家族であると、最高幹部によって宣伝されている。家族と結婚に関する公式発言を見ると、彼らはよく協和的な家族と言っている。あなたはどうやって協和的な家族を手にするのだろうか?そう、結婚しなければならないのだ。“

    ああ、それが難しいところなのだ。


    ≫ 出会い系サイトは中国の結婚相手探しをどのように変えているか? 【中国の出会い系サイト事情】の続きを読む

    このページのトップヘ